スタッフ紹介

院長:野口千賀子

院長:野口千賀子

数ある中のホームページの中、当サロンのページをご覧いただき誠にありがとうございます。

院長の野口千賀子と申します。

自分の身体と心を後回しにして頑張っている女性の為に未病予防の為の自律神経専門隠れ家整体院として2017年にオープンしました。

本当に自分の事を後回しにしてきた結果、自分の身体が大変なことになって二進も三進も行かず病院へ治療院を転々として辛い毎日を過ごされている方をずっと見てきました。

そんな様子を見るにつけ整体という形でなにかお手伝いする事はないか?と試行錯誤をしている時に出会ったのが

JTAフラッシュリプロ療法(関節調整)です。

今迄、縁のない高額な受講料で本当に悩んで悩んで悩みぬいて、絶対に学びたい!!ここで諦めたら一生後悔すると意を決して講座の申し込みをした時のうれしさはひとしでした。

コロナの件で緊急事態宣言やステイホームなどのアクシデントがありましたが、認定された今、今までにないくらいに多くのお客様の笑顔を見る事ができ、学んでよかったぁ~と、施術がますます好きになりました。

実は2020年9月終わりにベーシックステップで踊っている時、踏み台から足を踏み外して捻挫をしました。

捻挫をした事がある方はご存じの通り、

足がパンパンに腫れて、少しでも足を動かすと悲鳴上げるくらいの痛くて容易に歩けない、まして車の運転などもっての他です。

私も当然、踏み外した時は足は結構派手に捻じれていました。

にも関わらず痛みもなく普通に歩いて再度ベーシックステップをしているのです。

その時は痛みもなく普通に歩ける事に特に考えもせず車の運転をして家に帰ったが、ふと「あれれ??捻挫したらこうんな風に車など運転できないよね~ 一体何故?」という疑問が湧いてきました。

実はJTAフラッシュリプロ療法では関節トレーニングをセルフケアとしてお客様のお伝えしております。

お伝えするからには自分でも真面目に取り組まないと、

毎日セルフトレーニングをしていたおかげだという事が判明しました。

セルフは施術として行うJTAフラッシュリプロ療法より刺激は少なく、正直これで効果があるの?と半半疑ですが、実際に捻挫をして普通に歩ける現実、捻挫をして痛みに耐える必要のない生活を思うにつけ

一言でいえばケガをしにくい身体を作ってくれる!という事が実感できた瞬間でした。

人はケガをしないまでも年を取ると段々身体も動けなくなってしまい、やがて周りの人の手を借りて過ごさないと生きていけない身体になってしまいます。

しかし自分で身体のケアをしていけば、一生自分の身体を使いきるまで美しい景色やいろいろな所へ旅行を楽しんだり、人との出会いが増えたり可能性がたくさん待っています。

一生ポジティブに生きていきませんか??