腰痛の原因は90%は原因不明と言われているのはなぜ??

腰痛を引き起こしている原因の90%は原因不明と言われています。

以前、腰痛で寝たっきりになった女性の痛ましい光景をテレビで放映されていたのがありましたが、いろいろな病院で診てもらっても医師は腰には異常な所見は見当たらないからと心療内科など紹介されたりしたけれど、痛みは相変わらず辛く寝たっきり生活を続けているそうです。

色々な奥底があります。痛いのは脳が感じるのでそのせいではないか?などの自律神経の乱れがそうさせているのでは?と・・・

実際には、整形外科でレントゲンを撮ってもらい映るのは「骨だけ」なんですね。筋肉も軟骨も映らないのです。

ですので先生は骨が折れているか、潰れているか、位置がずれているかなどを見るのでそこで異常がなければ診断の付けようがないので「年だからねぇ~」と加齢のせいにする訳です。しかも原因不明なのは9割もいるんですね。診断できなければそういう言葉を使うしかないのは仕方ない事ですが・・・

年のせいと言われれば納得する反面、この先、痛いまま過ごすのかという絶望の気持ちが交差して接骨院などの治療院にお世話になります。

治療院では腰痛の原因は筋肉のアンバランスから来ているという考えで行うので、重症度によって良くなるまでの時間は人それぞれ・・・というのも納得済みで健康保険を使って通院する事になります。一回に1000円くらいで受けられるけれど保険の仕組みで途中自費になったりして負担額が増えたりして・・・他の院へ行って保険を使おうにも使えない保険の仕組みがあるようです。それでもずっと同じ治療院へ行く方もいますが、

当サロンではこのような状況に納得がいかず来店される方が結構の人数います。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛