お客様写真

一生治らないと諦めている

慢性腰痛

腰痛の根本原因を特化して改善に導きます。

 

一生治らないと諦めている

慢性腰痛

腰痛の根本原因を特化して改善に導きます。

腰痛

  • 整形外科でレントゲンを撮ってみても骨に異常がないと言われた
  • 医師からは「年のせい」と言われた
  • 立ち仕事で立っていると腰痛が酷くなる。
  • 長時間車に乗っているのがつらい
  • 前にかがむ姿勢が辛く物を拾えない
  • お尻を拭く事もできない

ご安心ください!

当サロンには同じお悩みの方が大勢いらっしゃり、ほぼ全員、腰の悩みから解放され笑顔で日常を過ごしています。

初来店のお客様にお話を伺うとお医者さんから

「年だから・・・仕方ないね!!」と言われるそうです。それでもこの痛みを何とかしたいと最寄りの接骨院等に通うが、症状によって改善に時間がかかるようでお試しでこちらに来る方が大多数。

そして、10年以上というスパンで我慢しておられる方が大勢います。

腰痛を我慢し続けると他の部位にも影響を受ける事が多々あります。

例えば仰向けに寝ると痛みが増して睡眠不足になり自律神経が乱れたりして他の症状に悩まされたり、横向きに寝ると身体の重さで肩が内側に傾いてしまい肩関節が歪んで腕が挙がらない、肩から腕の痛みに発展したり、

座っていると腰が痛い場合などぎっくり腰が癖になったり、様々な事に影響を受けて生活の質が下がる可能性があるので

たかが腰痛と侮っていると大変なことになりますので早めに改善する事をお勧めします。

当サロンは痛い所をマッサージをして緩めるだけの施術は行っておりません。

何故ならば痛い所だけを緩めても日常に戻ると再び痛みが出てしまう為です。

この痛みを再び出さない様に導きながらの施術を行います。

その手段がリハビリなんです。

リラックスしながら痛みを緩和しつつちょっとした運動療法を取り入れて改善に導いていきます。

長年、辛い腰痛で我慢しておられる方、治療してもそれほど改善した実感がない方、いちど視点を変えてみませんか?

遠慮せず、いつでも連絡いただけたらと思います。

 

腰痛には腰椎前弯型と後弯型と二種類あります。

なぜ腰椎が前弯するのでしょうか

腰椎が前弯するとは・・・

骨盤が前へ傾いている状態の事です。

見た目では腰が前へ反っていて、お尻が後ろに出っ張った出ッ尻型の体系です。

腰骨から鼠径部に沿って骨に付着している大腰筋と骨盤の腸骨から鼠径部にかけて付着している腸骨筋の二つ合わせた、股関節を支える身体の深い部分に位置するインナーマッスルである腸腰筋があります。

その腸腰筋の筋力低下が反り腰と出っ尻体系の原因です。

腸腰筋は股関節を曲げる、股関節を外側に開く働きをしますが、その筋肉が弱くなるとその動作が出来なくなるので同じ作用をする筋肉が代わりに働きます。

その筋肉が大腿直筋と大腿筋膜張筋

非常に大きく丈夫なアウターマッスルと言われ、その筋肉が常に頑張り続けて疲労してしまい、過緊張を起こしてしまう事で腸腰筋が前へ引っ張られる形になり骨盤が前傾してしまいます。

骨盤が前傾すると腰が沿ってしまうので腰の安定のために腰椎を支えないといけません。その筋肉が多裂筋。

多裂筋は腰を反る作用があり、腰を支えつつ腰を前へ反るので反り腰になりそれが原因で腰から背中にかけて痛みが発してしまいます。

なぜ後傾するのでしょうか?

腰椎の後傾とは

骨盤が後ろに傾いている状態の事を言います。

どうして骨盤が後ろに傾いてしまうのでしょうか?

股関節を曲げる働きをする腸腰筋は座っている時に一番働いています。その腸腰筋が働きすぎて緊張してしまった状態で更に股関節を曲げようとする状態です。股関節が曲がると腰(骨盤)も一緒に後ろに曲がる作用がある為、骨盤が後ろに傾いてしまいます。これを骨盤大体リズムと言い、この作用が働いている為、腸腰筋が硬くなったら腸腰筋に引っ張られて腰が反るという事ではありません。

また、腸腰筋と一緒に連動して動かす筋肉である内側ハムストリングスも緊張を起こしています。

内側ハムストリングスは骨盤から膝にかけて付着していて膝を曲げる筋肉です。この筋肉の過緊張によっても骨盤を後ろに引っ張られて骨盤が後傾してしまいます。

腸腰筋、内側ハムストリングスの過緊張(筋肉がガチガチで圧痛あり)に伴い次の筋肉が筋力低下を起こしています。

背骨の椎骨一つ一つに付着している多裂筋、肋骨から骨盤にかけて内臓を取り巻くように存在している(内臓のコルセット)と言われている筋肉と言われている腹横筋、骨盤から大腿骨にかけて付いている大内転筋、この三つの筋力低下が原因となっています。

特に多裂筋は腰を反る筋肉つまり前へ出す筋肉。その筋肉が弱るので腰や背中が丸くなります。

腹横筋は骨盤を上に挙げる筋肉であり姿勢を保つ役割があります。弱くなると体幹が保てなくなります。

内転筋は股関節を伸ばす、股関節を内転、内旋の動きをする。弱くなると内側ハムストリングスが過緊張になり膝が曲がってしまうと同時に股関節も伸ばせなくなります。

これら体幹を支える筋肉が弱くなる代わりに股関節や膝を曲げる事で身体を支えている状態に!!

日本人の八割の腰痛、股関節のアライメント(関節を支える骨の位置関係)は腰椎後弯型と言われ、ヘルニア、ぎっくり腰、すべり症の原因は腰の負担がかかりそれがストレスになっている為です。

膝や腰が曲がってしまっているお年寄りの多くは骨盤が後傾している腰椎後弯型が多いです。

腰椎を屈曲するときに痛い時、背屈する時に痛い時の腰痛の原因筋は違う

腰を背屈する時の腰の痛みの原因筋は

股関節が曲がっている時に腸腰筋は働きやすい!という性質ですが、腰を背屈する姿勢は股関節を伸ばすのと同じで腸腰筋は働きにくくなります。

その代わりに腰を反らそうと多裂筋が頑張る為、背中の筋肉である多裂筋が働き腰を反らそうと頑張る為、腰を背屈させると腰が痛くなる。

また、身体を横に曲げる側屈と言う姿勢を行う時も腸腰筋が働きます。

腸腰筋が弱くなると腰が痛くなる箇所である腰方形筋が頑張る為、痛みが出ます。

ですので腰を背屈する時に痛くなるのは腰椎前弯型で原因筋は腸腰筋です。

腰を屈曲する時、腰の痛みの原因筋は

腰の骨は一つ一つ椎骨が積み重ねて関節を構成していて屈曲しやすい関節で、本来は曲げると弧を描くように丸く曲がります。しかし、一つ一つの関節が曲がらないで背中がまっすぐな方が多く屈曲すると痛くなります。

それはどうしてかと言うと

多裂筋は椎骨一つ一つに絡みついている筋肉で背中の後ろに付着して腰を反る働きをする。股関節が伸展しないと働かない。

しかし、腰椎は屈曲している状態だと多裂筋は働きづらくなり腰が不安定になるのでその代わりに働くのが腰方形筋。その筋肉が過緊張を起こして腰が痛くなるし、腰が丸くならないで腰椎を屈曲する。

また、腰椎を回旋する時、痛みや可動域制限があるのは

例えば、右に回旋するとき右の股関節が内旋するが、体幹回旋するとき痛いのは回旋に制限がある時。 右の股関節に内旋制限がある時は右の体幹回旋が硬くなる為でこの場合は腰椎後弯型で

腰の屈曲する時に痛みが出る原因筋は多裂筋、腹横筋、内転筋です。これらが緩むと過緊張を起こしている腸腰筋が緩み回旋がしやすくなります。

当サロンでの腰痛の問題を解決するJTAフラッシュリプロ療法整体とは

腰が痛い!!という一言でもこのようにいろいろな原因があります。

痛い部分は基本的に筋肉が疲労して過緊張を起こしている筋肉です。その筋肉を気持ちよく揉み解せばその時は楽になります。

しかし、時間が経つうちにまた同じ筋肉が働くので疲労してまた同じ筋肉が過緊張を起こして痛みがぶり返します。当サロンではその原因となっている根本原因を探していきます。

過緊張を起こしている個所を圧痛検査で探し、なぜその部分が過緊張を起こしているのかの原因を探り、関節の動きをみて原因筋に対して調整を加える事で、過緊張を起こしている筋肉が緩み痛みを解消していきます。

原因筋の多くはインナーマッスル。関節を固定して支える筋肉です。インナーマッスルの調整と筋力をつける事で関節がしっかり固定する事で体の歪み、バランスが整い、血流が良くなり腰痛の起きにくい身体、ケガをしにくい身体を作っていきます。